家の庭にこだわってよかった新築の注文住宅

新築を作る時に、どうしても庭について考えておきたいと思ったことがありました。新築では、庭があるとなんとなく風情を感じることができますね。その時、新築を見た時に、緑があるととても感じよくなります。また住んでいても、庭があると気持ちをリラックスさせることが出来るのです。

ところが、その庭について手入れをしやすいモノにしたいと思っていました。そのため、新築の内容として注文住宅で依頼をすることにしたのです。その内容をご紹介します。

・落ち葉の少ない木を植える

まず家を作る時に思ったこととして、やっぱり手入れをあまりしなくてもいい家がいいと思ったのです。特に私の場合は、仕事をしていることもあり、そんなに手入れをすることができません。そこで新築時に、手入れをしなくてもいい庭作りを提案してもらうことにしました。そのことは、家を作る時にとても大切なことと思っています。

家というのは、やっぱりくつろぎの場所でないといけないのです。その時、家の手入れを度々しないといけないとなると疲れてしまいますね。そんなことを思って、注文住宅で考えてもらうことにしました。

その一つとして、落ち葉がない木を植えたいと思っていました。落ち葉というのは、その手入れが大変です。毎日それをはいたりして、片付けることが必要となります。それをしないと、たちまち近所の人たちの迷惑になってしまうのです。近所付き合いを円満にさせるためにも、そのことを注文住宅の担当者にお願いをすることにしました。

そして落ち葉を作らない木を植えることにしたので、ほとんど手入れをすることなく安心して過ごすことができています。

・土にしない

庭というと、一般的に下が土でいろいろなものを植えるということがありますね。ところが私の場合は、その土の庭で大変嫌な思いをしたことがあります。それは、やっぱり雑草が生えてくるということです。その手入れとして大変なんですね。そこで注文住宅では、その庭の下の部分をタイルにしてもらうことにしました。そのため、雑草が生えることがないのでとても助かっています、しかもタイルなのでその点で、綺麗な庭として見ることができます。ちょっとした庭ですが、風が抜ける場所があるとい宇野は、とても気持ちよく過ごすことができます。

しかもその庭を、南に作っているので日当たりがとてもいいです。気持ちの良い風が入ってきて、季節感を感じることができるので満足しています。

注文住宅で建てると、自分の希望を叶えることができとてもよかったと思っています。

女性のための薄毛治療研究会美容と健康女性ランキング会社経営に必要な知恵袋注文住宅のための用語集ゴミ屋敷解消Q&Aカウンセリングのお悩み解決サイト新築一戸建てを建てる時に読むサイトマーケティング経営研究.net失敗しない新築購入前のブログ